読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒縁眼鏡は海を飛ぶ

IT中心にそこはかとなく

Itamae入門してみた

Ruby Itamae

Itamaeで構成管理

Ruby勉強し始めるとわかりますが、インフラ周りのツールRubyで操作できるものが結構多いです。
インフラのテストはServerspecが有名ですね。
ChefやAnsibleなどの構成管理ツールの中では、Itamaeが挙げられます。

今回はRaspberry PiにRaspbianを入れたものの中途半端な状態で放置していたので、Itamaeを使って初期設定の続きをやっていきます。

と、いったものの、やることはiptablesの設定だけです。
SSHはパスワード認証を禁止にして、公開鍵認証のみ(パスワード付き)に設定しているのですが、Itamae経由だとどうにもうまくいかないので一旦PasswordAuthenticationを有効にしています。


環境

  • 管理対象ホスト


インストール

$ gem install itamae


レシピ

remote_file "/etc/iptables/rules.v4" do                                                                                 
  owner "root"
  group "root"
  source "rules.v4"
end

service "iptables-persistent" do
  action :restart
end

file "/etc/ssh/sshd_config" do
  action :edit
  block do |content|
  ¦ content.gsub!(/^PasswordAuthentication .+$/, "PasswordAuthentication no")
  end
end

service "ssh" do
  action :restart
end


実行

$ itamae ssh -h 192.168.1.2 -u pi test.rb


所感

学習コスト低そうと思っていたのですが、そこまで甘くない印象。