読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒縁眼鏡は海を飛ぶ

IT中心にそこはかとなく

syslogのメモ

何回勉強してもスグサマ忘れるのでメモ

毎回/var/log/messagesに出力するログの設定をするたび、調べてやってるまして、ここいらで自分のブログにメモしておく。

facilityとpriority

facility

auth(security) 認証サービスのメッセージ
cron cronのメッセージ
daemon デーモンのメッセージ
kern カーネルのメッセージ
lpr プリンタサービスのメッセージ
mail メールサービスのメッセージ
news ニュースサービスのメッセージ
syslog syslogのメッセージ
user ユーザープロセスのメッセージ

priority

debug デバッグ情報
info 情報
notice 通知
warn 警告
err 一般的なエラー
crit 致命的なエラー
alert 緊急に対処すべきエラ
emerg システムが落ちるような状態

rsyslog.confの書式
facility.priority         ログファイル

例えば、

cron.*   /var/log/cron

的な。

今回はiptablesのログが全部messagesに出力されて埋め尽くされるという事案が発生したため、/var/log/iptablesにログを吐かせる設定を調べていました。
どうにもfacilityがkernのようで、iptablesのログにつられて全てのkernelログがiptablesに逝ってしまっているのが現状。
facilityの追加とかできるのかな…


追記1

kern.debugにしてるからダメっぽい。
上記だとpriorityがdebug以上のものが出力されるからだとか。ちっ。
といことで吐き出させたいログファイルに対して

kern.=debug


としてあげるとよいらしいです。
debugでは他は来ないんだそうで。ちょっと経過観察してみます。


追記2

どうにも未だにmessagesに出力されてしまうので、rsyslogdの設定はそのままに、iptables側でログレベルの設定をしました。

--log-level debug

を気になるとこに入れました。